東方神起☆まゆの最強ちゃんみんⅣ☆

2011年Mステ「Why?」堕ちのBigeastです。 アメブロ『東方神起 ☆まゆの最強ちゃんみん☆』からお引越ししてきました。 よろしくお願いします。

カテゴリ: Analog Trip

(インタビュー)アナログトリップ キムジソンPD  " 東方神起 スジュ、アイドル→人間表現集中 "
「国内のユーチューブ芸能最初4K撮影…戦友愛の感じで撮影した」
1月1日最後放送記念東方-スジュ団体の生放送計画進行中
" シーズン2-グループバージョン、『アナログ・トリップ』うまくいけば何でもしたい "

아날로그 트립 3회r1

「今回の芸能は、何よりも挑戦することが多かったようです。国内、YouTube芸能初の4K芸能撮影という点がそうで、東方神起とスーパージュニアをアーティストではなく、生の人間味をそのまま入れることがそうしたんですが、何よりも楽しさを感じるできるように最善を尽くしています。」 (キム・ジソンPD)
 
ほとんどの人は、PDというイメージを思い浮かべると硬くて艶がない画像を思い浮かべることが多い。しかし、キム・ジソンPDはそのようなステレオタイプを完全に脱した画像であった。静か静かでナグトハン声と小さな賞賛もぎこちなく笑う、ナイーブながらも控えめな人だった。去る24日、ソウルSM C&C上岩洞で会ったキムPDはかなり新鮮ながらも情感していくイメージであった。
 
しかし、彼のキャリアはかなり派手な方だ。幼い頃から放送界に足を踏み出し、フリーランスで働いていた時にイエールかSM C&C本部長と縁が結び、7年前に今の会社に入社して数十プログラムに参加した。本格的に自分のタイトルを掲げてプログラムを製作し始めたのは2年前に「レッドベルベットのレベルアッププロジェクト」。それ以降エフエックス、SMルーキーズ、エクソ、赤ベルベット、NCTなど数多くのSM所属アーティストたちの芸能プロジェクトの映像を製作した。
 
このように、優れた能力と若い感覚で自分だけのキャリアを積み上げていったキムPDは、昨年から非常に特別なプログラム制作を企画した。出演からものすごいた。まさに東方神起とスーパージュニアだ。キムPDは、両方のグループが、長い間活動をしたが、いざ自分の率直な姿がカメラに収められたことはほとんどないことが分かった。 「東方神起」ユンホ、チャンミンはなくユノ、シムチャンミン、スーパージュニアイトゥク、ウニョク、ドンヘ、シンドンはなくパク・ジョンス、イ・ヒョクチェ、移動して、ヒの姿を見せるのはどうだろうか。 「アナログトリップ」の考えはここから始まった。
 
アナログトリップ、明らかことポンハジよう
 
東方神起とスーパージュニア。今アイドルの代名詞となったこれらポンハジよう示すために確かに前になかった新しいことが必要だった。その試みがすぐに4K撮影だった。大韓民国でYouTubeの芸能を4Kで撮影するのは初めてだったし、そのために「アナログトリップ」の制作陣は、すべての部分を直接足走ってぶつかってながら体得していった。
 
キムPDは、このような視点から、YouTubeに会った。今までトウモロコシ、レンジ、ネイバーTVキャストなど、さまざまなプラットフォームを介して放送を進めてきたが、YouTubeのシステムは確かに差別点があった。クリエイティブチームはもちろん、法律チームは、公序良俗チーム数多くの部門があって、彼らと共に企画契約を一つ一つ合わせながら大きな枠組みを組んで始めた。確かにYouTubeはキムPDは特別な経験だった。
 
「プログラムを企画し始めたのは昨年9月からです。その期間中にエディタプログラムを新しく更新した外付けハードディスクもハードディスクも新たに構築する必要がしました。また、4Kは、基本映像よりも容量も3〜4倍の大きさのために準備ができてたくさん必要ました。一般的な芸能の撮影の場合、すべての撮影ハーダー外付けハードディスクがハードが100個も占めないのに、今回の撮影には3〜4倍程度必要だった。また、4K撮影用カメラのバッテリーは、1個あたり40分にしかならなくて、機内キャリア2本のみバッテリーをいっぱい詰め持っていきました。後で入国審査の際これに関連する調査を受けました。一体何撮るのに非常に多くのことが必要かって(笑)レコーディングタイムが40分しかありませんので、バックアップチームまですべて現地に行く珍しい風景が起きたんです。リアルタイムでバッテリーをおろしバックアップチームに渡し、データをツーバックアップしデータの損失を最小限に抑えるために努力しました。」

加えて、YouTubeの独自の複雑なシステムも一役買った。ユーチューブの場合、プログラムを制作することにあり、大きく4つの過程を経なければしたが、およその映像を示すラフカットから始めファインカット、ラクコトは、YouTubeのマスターカットまでコンフォームを受けなければなら最終的に映像が作成されることがあった。その「アナログトリップ」は、合計12個のエピソードを作るまるまる6ヶ月の時間がかかるた。特に字幕なしの場面だけでストーリーを作成したので、編集は、通常よりも倍かかった。
 
これだけではない。 「アナログトリップ」の制作陣やYouTubeの関係者は、踏査も想像以上に入念に準備した。これらのモットーは、楽しさと美しさであった。出演者練習生だった頃の2002年の大韓民国感性を最もよく感じることができる場所は、インドネシアジョグジャカルタと判断、直接訪ねて、同じ場所でも4〜5回程度再確認したり、一週間の間きちんと他の宿泊施設を行き来しながら、可能な限り撮影に適した場所を見つけようと努力した。
 
「「アナログトリップ」は、他の芸能よりもはるかに入念に準備しました。比較的製作陣と出演陣が近い他の芸能は異なり、今回はひっそり出演者同士の連帯感を見せたくて撮影も可能な限り遠く観望するように進めるために数多くのシミュレーションを組みた。同じ場所でも撮影銅線を数十種類に作りました。ようメンバーがどこにいたか、私たちが問題なく撮影を進行することができたからです。何よりも、4Kを準備したので、彼らのきれいな顔をよく追加のために本当にたくさん努力しました。 "
 
さらに製作陣は撮影が終わった後もキムPDは一緒に韓国に帰って行かなかった。その理由は、完全なインサートショット(Insert Shotシーンの追加的な情報を与えることができるディテールカット)のためにあった。ヘリカムで日の出シャトマン3回を撮影したり、10日間インサートカットに必要なシーンを追加で収集した。この時期にも、撮影チームは、雨季に高価装備が濡れないようにキムチビニールパックとバンスペク、さらに黒袋バックまで覆い持って行かなければならいた。

このような製作陣の格別の準備のおかげだったのか。東方神起とスーパージュニアは非常に快適な姿を見せることができた。もちろん、スーパージュニアの場合、他の芸能明確に他の撮影に初期には「そう撮影をしても良いのか」と尋ねほど恥ずかしいした。
 
「他の芸能番組の場合は、製作陣と出演陣の距離があります。絆のようなもの積みしようとするも、よう出演者の心を開いて、より多様な姿を見せるからです。しかし、私たち私たちはう反対でした。私達がいるかどうかない地図思わず撮影をするからイトゥク氏のような場合は、「本当のようにしてもいいですか?」と聞いてきましたよ。とても不安に思うようで、最終的に、後にはある程度のコミュニケーションが必要という気がして私たちが準備した絵を見せてささげ、やっとメンバーが快適に動きでしたよ。」
 
チョワルヨウンジンも慌てのは同じ。それなり専門分野太い撮影監督も「アナログトリップ」では、有毒慌てる姿をよく見せた。芸能撮影で使って見た敵はなかったものすごい機器を過酷な屋外での撮影ということ自体を負担していたこと。しかし、キムPDはそのたびに「一度だけ私を信じてくれ」と懇切にお願いながら撮影を進行した。
 
その結果、今の「アナログトリップ」が完成した。 ITとひしめく大都会を離れ、自然環境が豊かなジョグジャカルタは、メンバーたちの心を自然に開くようにした。キムPDは "芸能ではなく、旅行をするという心を持って、何かを作っていくことに集中をさせると、放送で一度も見せなかった姿が出てくるツィー思った」と打ち明けた。
 
「最も満たさ件撮影したメンバーたちの満足度が非常に高かったということです。特にユノさんの場合インタビューをしたときに、本人は2003年を基準にチョンユンホとユンホを分け生きてきたんですよ。デビュー後チョンユンホの姿を忘れてユノで生きてきたが、今回の撮影で、自分も忘れて過ごしたチョンユンホの姿を見ることができてよかったといただきよかったです。 "
 

キムPDは、東方神起とスーパージュニアのデビュー初めから全盛期の頃は、現在までの一代記をよく知っている人であった。スーパージュニアの優れた芸能感もちろん、東方神起二人のメンバーの妙なケミまでキムPDは知っていた。そのため彼は「二つのグループを一緒に撮影することあって面白いポイントがあると確信していた」と語った。しかし、実際に撮影を入ると、彼が予想したよりもはるかに多様な楽しみが含まれていた。メンバー同士の旅行専門パーツを分けて活動することは、製作陣も予想していなかったことだった。
 
「東方神起の場合は、チームワークが非常に良いことを感じました。スーパージュニアがわいわいている姿を後ろから静かに眺めたり、より面白い状況を作ってくれることができるよう励ます姿が見えた。またユンホさんの場合は、自分で物事をよく失われたと言いました。ある程度というチャンミンさんがどこに行く時は「ヒョン、パスポート私にくれ」という言葉をするほどホ当たりがですよ。ところが、今回の旅行するとき、弟のチャンミン氏が総務を務め、本人が食糧を担当することになるので弟をサポートしたいという気持ちが大きかったと思います。旅行中一度も食料を失ってしまったり、か食べたことがありませんでした。むしろ、ホテルに行けば朝早く起きて、従業員に了解を求め朝食で残り物をサオ祈り、であれば、本数つまで入念に数える姿が新たに提起した。これは人だけ思いやりということ感じましたよ。」
 
スーパージュニアも新しい姿を見せてくれたのは同じだ。撮影中の車の中で気象キャスターに完全にアドリブをする部分を見ると、「真のスーパージュニアらしい」という思いが挙げ度、個々の様子では、新しい姿が多数捕捉された。
 
「ウニョク氏は自ら主導することから満足感を感じました。旅行が好きなのは知っていたが、どうやらグループ内ではそのように直接出てガイドをすることがないから、今回の旅行で直接一代記を説明し、メンバーたちがこれを聞いて好きな様子でプドゥトハムウル感じましたよ。東海氏の場合は、睡眠とコーヒーをとても重要に思ったとするだけに、難しい面厳しい人なのに、今回の旅行では、誰よりもメンバーたちのスケジュールに自分を合わせました。最も早起き自然を満喫する姿を見ると、「本当にこの撮影を楽しんでいるんだ」ということを感じましたよ。」
 
"イトゥクさんは、実際に芸能プログラムで既に芸能感が検証されたメンバーです。実際に、最も韓国芸能に特化したメンバーの一人であるが、今回の芸能ではなく、そのような姿が出ていない。メンバーたちが遊んで騒ぐ姿を大型のように遠くから観察して、快適な芸能に取り組む姿が自然で良かった。実際にしばらく前に私にイトゥクさんが直接電話をいただき「とても楽しかった」と言わほどでした。シンドンさんの場合は、実際に、2002年当時練習生ではなかったので、目標は一つでした。すぐに東方神起と親しみでした(笑)そのせいか、自分の撮影担当メンバーとして出て、自分ではなく、メンバーたちの姿を撮ってやろうと歩く姿がよく見えました。良い地を見つけるためにすごく優れなんて以上であった。あまりにも走り回っいただきそうたのか、本人は「食べない」と言ってはありし続けて食べる姿をよく見せてくれて楽しかった。」

現在「アナログトリップ」は、一般的な加入者の場合、合計2回まで公開された状態。そのため、まだ示さなかったビハインドコンテンツは山のように積まれている。音源発売やミュージックビデオ公開はもちろん、シーズン2のスポイラーも軽く言及した。もちろん「現時点でも確定することはできませんが、YouTubeの予想数値よりもはるかに肯定的な数値が出てきたことだけは事実だ」と耳打ちした。
 
"シーズン2には、実際に肯定的に考えています。条件が、場合、当社も歓迎です。いつか一度メンバー同士」次は涼しい国に行こう。例えば、ロシアと呼ばれ、また、一度縁がされていくならば、私たちも望むものがないと思います。一番良いのは、「アナログトリップ」が一つのブランドになって、別のSMグループのバージョンは、別のグループの姿を表わすことができれば良いようです。 "
 
現在「アナログトリップ」の制作陣は、より多くのコンテンツを公開する予定だ。 4Kカメラを持って通っただけに「顔の天才」のメンバーのための個別の顔のクローズアップ映像、「スーパージュニア」ウニョクのドスントゥバージョンガイドビデオ、車の中でメンバーが交わした団体メッセンジャー部屋オープンなどがある。最も大きなプロジェクトは、来年1月1日の最終回オープンを記念して、メンバー全体が集まってライブ放送を計画中である。
 
最後に、キム・ジソンPDはメンバーと視聴者に感謝の挨拶を伝えた。自分を信じてついてくれた東方神起とスーパージュニアに「撮影のクオリティが良く出てきたのは、完全にメンバーたちのおかげ」と謙虚に語った。最後に、視聴者は「最後まで一緒にしてくれ」とお願いした。
 
「事実プレミアム加入者の場合、すでに「アナログトリップ」を完全に視聴した人が多いのです。私たちは、YouTubeのコメントはもちろん、SNS反応たくさん見見るのが、今までのすべての良いコメントだけ見て気持ちが良いです。特に私たちが熱心に撮影されたインサートカットを見て「このシーンもよく似合う」とか、「放送を見て旅行に行きたくなる」という言葉を聞くと、とても胸がいっぱいです。これからも多くの関心と「ソンプル」お願いします。」
 
一方、東方神起とスーパージュニアの「アナログトリップ」は、毎週水曜日の夜10時、YouTubeを通じて公開される。 YouTubeのプレミアム加入者の場合、12個のエピソードをすべて鑑賞することができる。



いいね!のかわりに押していただけると喜びます。
にほんブログ村 芸能ブログ 東方神起へ
にほんブログ村




ツイより日本語訳お借りしました。
ありがとうございます。


いいね!のかわりに押していただけると喜びます。
にほんブログ村 芸能ブログ 東方神起へ
にほんブログ村


Analog Trip Ep 1. 旅の実態 
東方神起とSUPER JUNIORのバリ旅行。その実態とは?

エピソードは全12話。
年内でちょうど12話の公開が終わるスケジュールになっているようで、韓国公式スケジュールにも年内ほ毎週水曜に組まれてました。
毎週水曜日22時に公開。
YouTubeプレミアム会員は今日全話公開されてます。
公式動画にすでに日本語字幕つき。
ゆっくり見たい人は一週に一話で全然いいかも。
一気に楽しみたい人はプレミアムに加入ですね。
一か月無料お試し期間もあるのでお手軽ではありますね(^▽^)


いいね!のかわりに押していただけると喜びます。
にほんブログ村 芸能ブログ 東方神起へ
にほんブログ村

このページのトップヘ