☕️まゆの自由時間☕️

カテゴリ: 東方神起ファミリー

この投稿をInstagramで見る

#東方神起 #toho15th #WeAreT

Yoichiro Kakizaki(@kakiyan37)がシェアした投稿 -





いいね!のかわりに押していただけると喜びます。
にほんブログ村 芸能ブログ 東方神起へ
にほんブログ村


ツイよりお借りしました。
日本語訳ありがとうございます。

いいね!のかわりに押していただけると喜びます。
にほんブログ村 芸能ブログ 東方神起へ
にほんブログ村


東方神起のおふたりはどんな人ですか?
ユンホは、見た通りの人ですね。裏表がないし、楽屋とかでも熱い魂を持ったお兄ちゃん。「今回も東方神起を見せてやるぜ!」ってみんなを盛り上げていく感じです。

チャンミンは、おとなしくて感情を表に出さない印象だし、“スーパーヒーロー”的な立場にいながらも、そこに執着していないように見えるんです。もしかしたらユンホよりもストイックかもしれません。「嫌なものは嫌」「中途半端なものは見せたくない」という思いが意外と強いのかな、と勝手に思っています(笑)。リハーサルで納得いかない部分があると次のリハーサルでは必ずできるようにしてくるんですよ。人知れず努力をしているんだと思います。
おふたりのそういう部分が、東方神起のバランスの良さを生んでいるんですね!
お互いにぶつかるところがなくて、尊敬し合っている。お笑いコンビのボケとツッコミみたいな関係が成立しているのかな? それがファンの方にも伝わっていると思うんですよ。彼らの人気の秘密はそこにもあると思います。さすが東方神起!(笑)。

ドラマーから見た、東方神起の音楽の魅力は?
同じアジア人でも日本人と韓国人では声質や声量が違う気がします。良し悪しの問題ではなく、日本人は声が細くて、レンジが狭いように感じるんです。韓国人は声が太くて、裏声も良い感じに出ているんですよね。個人的にブラックミュージックは声量やスキル、パワーがハンパないと思ってるので好きなんですけど、東方神起にも同じようなパワーを感じます。僕が全力で演奏しても負けないくらいのパワー! しかも、踊りながら歌って、MCまでやりますからね!
東方神起のおふたりはどんな印象ですか?
他の皆さんが言っている通りだと思うんですけど…ふたりとも「怪物だな」と(笑)。

その表現は初めて聞きました!
あ、本当ですか? 日本と韓国、それぞれの国であれだけ多くの仕事をしていて、「明日は朝が早い」「これが終わったら帰ってPV撮影がある」とか言いながらも全部に全力投球。ドームやアリーナに常に数万人のお客さんが待っている環境でブレずにいられるっていうのは、普通の人だったら絶対にできない離れ業ですよね。それをいとも簡単にやり遂げているところが怪物だと思います。

国によってやり方も違うでしょうし、肉体的にも精神的にもすごくハードですよね。
そうそう。自分だったら無理です(笑)。そんな中でも周囲にいつも明るく優しく接してくれていて。とはいえ、彼らも同じ人間だからナイーブな部分もどこかにあると思うので、「ふたりとも怪物だから…」で終わらせるのではなく、チームの一員としてどれだけサポートできるかなって思っています。

前回のツアーとは違い、アルバム『TOMORROW』を引っさげてのツアーでしたが、東方神起のおふたりに違いはありましたか?
大人になったと思いました。今まで、MCでははしゃぐ部分もあったんですけど、落ち着いていたような気がします。年齢的な変化もあるとは思いますけどね。あとは、「世の中にあるTを探せ」や大喜利などをSNSで募集してライブ中にみんなで楽しんだり、今まで以上にファンの人と触れ合う機会がありましたね。

東方神起のおふたりはどんな人ですか?
ふたりともすごく真面目です。人間力に溢れていて、粋な感じがするんですよね~! 今回、ホーンセクション(管楽器)が入ったんですけど、彼らは完成されたチームに入って来るので、プレッシャーもあったと思うんですよ。それを察して、ユンホとチャンミンはホーンセクションのメンバーににっこり笑って「どうですか?」とか必ず最初に話し掛けるんですよ。そうやって、チームをうまくまとめられるように気を遣ってくれています。

ユンホさんとチャンミンさんで違うところは?
ユンホは人間くささを前面に出すんですよね。人間力が半端ないです。そこが魅力です。チャンミンは、何も言わずに完璧に仕上げてきます。すごく冷静に周りを見ているから、ユンホの足りない部分を補うような感じです。体も完璧に仕上げてきますね!

全てを完璧に仕上げてくるんですね!
午前中にジムへ行って、昼からリハーサルをして、夜はたぶんリハの反省をしていると思います(笑)。これはふたりともですね。チャンミンは、今回のツアーでギターの弾き語りをしたんですけど、楽屋でずっと弾いていました。

ストイックですね。
ふたりとも“東方神起”でいることにすごく時間を費やしていると思います。しかも15年も続けているんですよ! いろいろなプレッシャーがある中で、並の人ではできないことだと思います。

アーティストのサポートをされる際に意識していることはありますか?
会話と音楽は同じだと思っているので、人が話しているときは引いて、みんなでワーッと盛り上がっているときは一緒に盛り上がるように、演奏するときもそこを意識していますね。バンドメンバー全員が楽しく、気持ち良く演奏できるようにしたいと思っています。なるべく他人の楽器の邪魔にはなりたくないけど、存在価値を見出さなくてはいけないな、と。

あとは、(アーティストのことを)大好きになる。東方神起さんだったら、スタッフさんの中でも韓国人がいたり、韓国語を話せる人が多かったりするので、現場で韓国語を1日ワンフレーズ覚えるとか。

実際に、東方神起のおふたりと韓国語で話すことはありますか?
マル秘エピソードなんですけど…ライブの最後に横一列に演者が並ぶじゃないですか。僕はいつもチャンミンの隣りなので、「チャンミン チェゴ(最高)!」「モシッソヨ(カッコいい)」「パネッソヨ(ほれたよ)」とか何かしらほめ言葉を言うんですよ。そうすると「そんなことない!」と返してくれるんです(笑)。それを今回のツアーで毎回やっていました(笑)。

毎回違う韓国語を覚えていたんですね! すごい!
なるべく違う言葉にしようと思うんですけど、二言三言になると発音も良くないし、うろ覚えだからうまく話せなくて「え?」って聞き返されちゃうんです(笑)。

なかなか難しいですね(笑)。音楽の部分だけでなく、人としても距離が近くなれるようにコミュニケーションの取り方をされているんですね。
その人が考えていることをできるだけ理解するようにしようと思っています。あとは、アーティストさんって、みんなを引っ張っていかなくちゃいけない存在だから孤独だと思うんですよね。だから、いろいろな場面、たとえば廊下ですれ違ったとき、疲れていそうだなと思ったときに声を掛けるようにしています。あとは、「僕らが付いているよ」という気持ちを、言葉だけじゃなく行動でも伝えたいんです。だから、気合入れをしているときは絶対に目を見て話を聞いたり、なるべくニコニコするようにしたり。

そういう気配りは、支えになりますよね。
ふたりは、韓国と日本で活躍しているので、僕としては少しでもストレスを減らして最高の状態でライブに臨んでもらえるようにしたいんです。

今回のツアーはいかがでしたか?
ライブの曲間に映った、映画仕立ての映像が気に入っています。東方神起が演じたMr.TOMORROWは、スーパーマンではないけど背中を押してくれるような存在ですごく象徴的なんです。チャンミンは、「僕らの音楽がそういう存在になれれば…」と言っていたんですけど、音楽だけでなく彼らのやっていること全てがポンッと背中を押してくれるようで、Mr.TOMORROWと東方神起のそういうところがリンクしていると思いました。

あとは、チャンミンとふたりでギターを弾いたことが印象的でしたね。ファンクラブイベントでチャンミンのアコースティック曲をふたりでやって以来だったので久しぶりだったんです。

チャンミンさんの希望だったんですか?
曲自体は、制作の方がセットリストに入れていたんです。本人は少しギターからは離れていたんじゃないかな。でも、すごく上手。昔は、楽屋まで習いに来ることもあってレッスンをやったこともありました。耳がすごく良いので、ひとりで練習して弾けちゃうから教えることがないんですよ(笑)。

長年サポートをされていると、おふたりの変化を感じると思います。今回のツアーで感じたことはありましたか?
どんどん大人になっていくな、と思いましたね。昔の映像を見ると本当にかわいくて(笑)。いろいろなことを経験して、パフォーマンスも自分発信でディレクションしながら進めていますし、頼もしいです。

おふたりはどんな人ですか?
僕らと接している時もお客さんの前でMCをしている時も何も変わりません。そういうふうに裏表がなくて、ウソがないということはファンの方にとってうれしいことだ思うんですよね。すごく良い人たちです(笑)。彼らに会った人はみんな好きになると思います。スタッフや僕ら演者もファンであり、信頼し合っている仲間でもある。そういうお互いの関係性がしっかり見えますね。バンドやダンサー、スタッフのことも大事にしてくれているし、そういう気持ちでつながれている部分が大きいです。人気がある理由がわかりますね。

そういう関係性がステージにも影響しますよね。
もちろんそうです。それでしかないかもしれないです。個人の技術が高い人たちが集まっているけど、それがひとつのチームになるということは特別なモノがあると思います。
東方神起の音楽の魅力は何ですか?
人柄が音楽全てに表れているんですけど、まずは歌が好きなこと。「こんな歌を歌いたい」「あんな歌を歌いたい」という話をよくするんですけど、「もっと歌がうまくなりたい」とも言っていますね。たくさんのファンがいても、てんぐにならず、前向きでいるところがパフォーマンスに表れていて魅力を感じます。

東方神起のおふたりはどんな人ですか?
ユンホは一生懸命に頑張る、チャンミンは要領良く頑張るタイプ。ユンホは人懐っこくてよく話しますね。チャンミンは人懐っこい一面もあるけど、自分の体調に正直です(笑)。
ふたりとも、誰かが調子が悪いとすぐに気付いて声を掛けるし、すごく気遣いができますね。



いいね!のかわりに押していただけると喜びます。
にほんブログ村 芸能ブログ 東方神起へ
にほんブログ村

IMG_4995
IMG_4996
IMG_4997
IMG_4998
フクチョーさんが参加されてたみたい。
東方神起のこといっぱい話したのかな😆

ツイよりお借りしました。
ありがとうございます。


いいね!のかわりに押していただけると喜びます。
にほんブログ村 芸能ブログ 東方神起へ
にほんブログ村

このページのトップヘ